c言語を研修で学び直す

昨今では学び直しを表すリカレント教育に大きな注目が集まっていますが、その波はプログラミングの世界にも訪れています。

プログラミングにおいて最も普及しさまざまなプラットフォームで利用できるのに加えて、あらゆるロジックを作り上げることが可能なのがc言語ですが、その一方でスキルを身につけるまでには相応の時間がかかります。このことから必要最小限のスキルを身につけて簡素なソフトウェアを作成できれば十分だとして、ビジュアルベーシックなどの簡易的なプログラミング言語を学ぶケースもありました。

しかし、それでは作成できるソフトウェアに限界があるため時代のニーズに応えられないことから、あらためて研修を実施してc言語を学び直す個人や企業が増えています。一見するとc言語へと移行するのは大きなハードルがあるかのように感じますが、既に簡易的なプログラミング言語を学んだ経験があるならば元々基本的なスキルを持っていることから加速度的に能力を身につけていくことが可能で、企業側から見れば新規に人材を確保するよりも遥かに低いコストと短い時間で済むのもメリットです。

プログラマー側から見れば研修を行うことでこれまで培ってきたスキルや経験を活かしてさらなるレベルアップを図ることが可能になるだけではなく、キャリアアップにも大きく役立ちます。これまで他のプログラミング言語を習得していたケースでもc言語を研修で学び直し、新たな可能性を広げる方が増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *