c言語を研修で学ぶエンジニアが増えています

c言語は歴史のあるプログラム言語ですが、IT企業やシステム部門を持つ企業では研修会を開催してプログラマーを育成しています。

c言語は数回の研修を行っても取得することは難しく、基礎を学んでから実際の現場に出て覚えるプログラマーも多くいますが、殆どのプログラムを書くことが出来ます。業務系はもちろんWebアプリやスマートフォンアプリそして工業用ロボットの制御、AIと活用する範囲が広いことでも人気があり、JAVAやPHP等のプログラム言語の基礎にもなっていますので、c言語の研修を受けてマスターすれば他の言語を習得することにも役に立ちます。

但し現在開発現場で使われている会話型の言語に比べ機械語と言われるコンピュータが理解し易い言語のため、お覚えるには時間が掛かりますが、様々なプログラム言語の基礎となっているためプログラマーにとっては必須と言えます。c言語は取得に時間が掛かりますが、研修を受けることで概要をしっかりと理解できれば今後活躍出来る現場も増えてスキルアップにも繋げることが可能となります。

大量のデータを高速で処理出来るのが大きな特徴で、最近話題になっているビッグデータの解析やバーチャルリアリティーでも利用されています。コンパイラ言語のため、ソースコードを書きコンパイルしないとプログラムを動かすことは出来ませんが、実行速度が速いという大きなメリットが有ります。c言語が研修で学ぶことに適しているのは、コンパイルする環境を持てることが必用なことも理由の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *