java研修の給料や待遇

java研修は、一般的に会社の指示で受けるものなので、給料をもらいながら勉強することができます。

研修中の給料や待遇は会社によってさまざまです。すでにエンジニアとして活躍している人の場合、研修中でも同じ給料がもらえるでしょう。未経験からの中途採用で入社した人は、研修中のみ給料が低めに設定されていることもあるので生活ができないということにならないように注意です。次に人気のプログラミング言語について考えてみます。

プログラミング言語のうち、最も求人数が多いイメージがあるのはC言語ですが、javaもその次くらいに求人数が多いです。将来性でいうなら、人気急上昇中のPythonのほうが上かもしれませんね。しかし、javaも将来性が高いプログラミング言語ランキングで上位です。年収ランキングも2019年のとあるデータではGoやPythonには負けていますが、5位です。

こうしてみると、求人数や年収、将来性や学びやすさなどの各ランキングで1位はとれていないものの、どのランキングでも上位にランクインしていて総合力はトップクラスなのがjavaです。唯一の難点といえば、javaは習得難易度が高いということでしょうか。初心者の人にはPythonやRubyのほうがおすすめされることが多いです。ITエンジニアとして活躍したいなら身につけておいて損のないプログラミング言語なので、会社から研修の指示が出たらラッキーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *