研修を受けるならjavaがベスト?

プログラミング言語の研修を受けるなら、javaはベストかもしれません。

javaは求人数がトップクラスなので、転職でも役に立ちます。年収についても、トップ5には入っています。javaは年収が高く、将来性があり、求人数も多いので人気トップクラスです。唯一の難点を上げるなら、習得難易度が高いということでしょうか。習得難易度が低い言語としては、pythonやPHP、Rubyなどがあげられます。これらの言語は初心者によくおすすめされていますね。javaは習得難易度が高いので、初心者向けではありません。しかし、研修を受けるなら問題ないと思われます。

独学で勉強をする場合には、習得難易度が高いプログラミング言語を選択すると途中で挫折する可能性が高いです。しかし、研修では優秀な指導者がついているので、習得難易度が高くても乗り越えられます。わからないことがあったらしっかりと質問したり、仲間同士で教えあったりすることのほうが重要です。

javaは難しいと言っても、pythonなどと比べてぶっちぎりに難しいというほどではありません。C言語に比べたら簡単という意見もあるので、優秀な指導者がついていたら習得できるはずです。研修では必要な設備・環境が揃っているので、「環境を整えるのが大変」というハードルはクリアしています。結論として、一番とまではいかないかもしれないが、トップクラスにおすすめできるプログラミング言語であるということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *