javaはなぜ学校で学んだほうがいいのか?

javaは習得難易度が高いので、独学で勉強することはおすすめできません。

もちろん、人によっては独学のほうが効率がいいということがあるのでケースバイケースです。偏差値60以上の人は学校へ行くより独学で学んだほうがいいという意見などがあります。独学のメリットは完全に自分のスピードで勉強を進めていけるということです。スピードがはやい人は、学校の勉強は遅すぎて時間の無駄と感じることもあるみたいです。一般的には、javaは学校やスクール、研修などで勉強したほうがいいと言われています。

その大きな理由は、自分で開発環境を構築することが難しいことにあります。プログラミングは本を読んだだけで習得することは難しく、実際にコードを入力してアプリケーションを開発してみることが大切です。その開発環境を準備することがjavaの場合難しいので、学校などへ通ったほうがいいと言われています。

まとめると、頭の良い人なら独学のほうが効率よく習得できることもあるものの、開発環境の構築などが難しいため、一般的には学校やスクールで勉強したほうがいいということです。今はオンライン授業なども充実してきており、javaを習得するためのルート・選択肢はたくさんあります。自分にとって一番ベストなルートはどれなのかを考えているうちに時間だけがすぎて行ったらもったいないので、迷ったらとりあえず行動してみるということも大切です。もし間違えたと思ったら別の選択肢を選びなおしたらいいだけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *