スマホ修理はプロにお任せ
2020年11月3日

横浜でできるスマホ修理

スマートフォンを落としたり踏んでしまった場合、背面パネルが割れてしまうことがあります。割れてしまったまま使用するというのは良くありません。データの破損や破片で手を切るといったリスクがあるため、早めに横浜の業者にスマホ修理を依頼しましょう。また、背面パネルが破損している場合、バックアップもできません。

背面パネルの破損といってもさまざまな状態があります。ちょっとひびが入った程度なら見た目も分かりませんし、そのまま使い続けたくなるかもしれません。ですが、今は使えていても急に使えなくなってしまうという可能性があります。ひび割れがどんどん悪化してしまうこともありますし、内部のパーツにまで湿気が入り込んでしまうことがあるので注意しましょう。

液晶画面が完全に割れている場合や背面パネルが外れている場合も危険です。スマートフォン内部のデータに影響が出てしまうおともあるため、横浜の業者にスマホ修理を依頼すべきです。横浜のスマホ修理としては、バッテリー交換というものも良く知られています。これはスマートフォンの充電がすぐ減ってしまう場合や充電ができない場合などにバッテリーを交換するという修理です。

作業的には単純ですが、かなり効果の高い修理として人気が高いです。スマートフォンのバッテリーは充電することで劣化が起こります。これは機種などには関係なく起こるものですが、充電する回数によってどのくらい劣化が進むのかが変わってきます。そのため2年程度で交換した方が良いということです。

スマートフォンのバッテリーがすぐ無くなってしまう場合、充電しながら使いたくなるかもしれません。しかし、充電しながら使うというのはさらにバッテリーの寿命を縮める原因となります。バッテリーは熱に弱いという性質がありますが、充電しながら使うとバッテリー自体の熱に本体の熱が加わってしまいます。結果としてさらに温度が高まってしまうので注意が必要です。

スマートフォンの充電が減るとすぐに充電したくなるでしょう。ですが、充電する方法を工夫することでバッテリーの寿命を延ばすことができます。少し減る度に充電をするのは良くありません。バッテリーの寿命を延ばしたいなら充電の回数を減らすことが最も有効とされています。

ちなみに、劣化したバッテリーをそのまま使い続けるのは良くありません。発火などのリスクがありますし、早めに横浜の業者にスマホ修理を依頼しましょう。横浜でスマホ修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です