スマホ修理はプロにお任せ
2021年4月24日

ひび割れや本体水没した時はiPhone修理横浜店へ

iPhoneをキズや衝撃から守るためには、専用のスマートフォンケースを使うのが便利です。手帳型やシリコン製、透明のプラスチック製等、多種多様なケースが市販されています。ネット通販サイトや大手家電量販店の店頭で、手軽に購入可能です。ただ、ケースを装着するとiPhone本来のデザインが損なわれる、熱が籠るのが不安といった理由から、あえて装着せずに使うiPhoneユーザーの方々もいます。

同じiPhoneでも微妙に世代ごとにサイズ感が違っており、機種変更をするたびに専用ケースを買うのが億劫になった、という方々も多いかもしれません。薄型で軽量のスマートフォンに革製のケースや頑丈な手帳型ケースを取り付けると、せっかくの携帯性がなくなるという理由であえて使わない方もいます。いつも慎重に携帯、利用すればiPhoneにキズや汚れがつく事はそうそうありません。しかし運悪く端末を地面や床に落下させてしまったら、液晶画面にひび割れが起きたりガラス割れに至ります。

普段は手帳型カバーや革製カバーを取り付けているが、たまたま付けていない日に限って床や地面に落下した、こんな不運な事例もあるかもしれません。ひび割れやガラス割れに至った端末は、iPhone修理横浜店に持ち込み、プロにメンテナンスをしてもらいましょう。小さなひび割れでも無暗に放置するのは、良くありません。ちょっとした亀裂から徐々に大きなキズに至る恐れがあります。

iPhone修理横浜店では、各世代の端末の画面パーツ交換が格安のコストで受けられます。修理に掛かる所要時間はとても短く、数十分から一時間程度です。iPhone修理横浜店の店内で待っていればあっという間に済みますし、事前に予約を済ませておけば、さらにスピーディな対応も期待できます。頑丈なカバーを装着していても、水没のリスクは避けられないのが実情です。

うっかり浴槽やトイレの便器、洗面器などに愛用の端末を水没させた時も、iPhone修理横浜店に相談です。水没故障の場合は、兎に角早めに修理相談を心がけましょう。時間経過とともに水没修理の難易度が上がっていきますので、なるべく当日中、もしくは翌日の間にiPhone修理横浜店に足を運んでおきたいところです。水没した端末は、直ちに利用をやめて電源を切り、お店に持ち込みましょう。

途中充電や電源を入れる等の操作をするのは大変危険で、深刻な故障やトラブルに原因になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です